関西総本部 指導員


◆ 生年/出身地 : 1986年/大阪府 
◆ 入門年 : 1991年 
◆ 身長/体重 : 163cm/60kg 
◆ 座右の銘 : お前はもう死んでいる
            (北斗の拳より) 
◆ 目標とする格闘家 : 山本KID徳郁
                (総合格闘家) 
◆ 過去の格闘技歴 : 
   ボクシング(1年)

 

 


同世代の谷口らとともに次代の関西総本部・軽量級を背負って立つと目されるのがこの山本裕輝。生来のフットワークの軽さ、そして幼少の頃より数々の試合で鍛えられた勝負カンの良さが、他とは一味違う“良質の”空手センスを感じさせる。至近距離から相手をKOできる後ろ廻し蹴りなど、足技を華麗に操るテクニシャンでもあるが、パワーで来る相手にはガチンコでも対応できる器用さがこの男の真骨頂ともいえる。
ちなみに彼の父は関西総本部の山本善紀師範代。この父、かつては家に“新しい技”を持ち帰ってきては息子・裕輝を実験台にしていたらしいが、山本はそんな拷問(?)を受けながらも懸命にそれを研究、「絶対に盗んでやろう」と考えていたという。
「自分より大きいヤツを倒すのが究極の目標」と言う山本、第22回ウエイト制では初出場ながら軽量級4位と鮮烈デビューを飾っただけに、層の厚い軽量級の中でも「トップを狙える器」と周囲の期待も熱い。


◆ 主な戦歴
【メジャー/国際】
・‘05オーストラリア国際オープン ビクトリア選手権大会 軽量級 準優勝
・第22回全日本ウエイト制空手道選手権大会 軽量級 4位
・第23回全日本ウエイト制空手道選手権大会 軽量級 ベスト8
・第24回全日本ウエイト制空手道選手権大会 軽量級 ベスト8
【エリア/ローカル】
・‘04サムライ杯秋の陣 軽量級 優勝
・‘05大阪城杯冬の陣 軽量級 優勝
・‘06大阪城杯冬の陣 軽量級 準優勝
・‘07大阪城杯冬の陣 軽量級 優勝
【ジュニア】
・第5回グランドチャンピオン決定戦 中学1年の部 優勝
・第6回グランドチャンピオン決定戦 中学2年の部 優勝
・第7回グランドチャンピオン決定戦 中学3年の部 準優勝
・第8回グランドチャンピオン決定戦 高校軽量級 準優勝
・第9回グランドチャンピオン決定戦 高校2〜3年軽量級 優勝
・‘00大阪城杯夏の陣 中学2年の部 優勝
・‘00大阪城杯冬の陣 中学2年の部 3位
・‘01大阪城杯夏の陣 中学3年の部 優勝
・‘02大阪城杯夏の陣 高校軽量級 3位
・‘03大阪城杯冬の陣 高校1〜2年軽量級 優勝


やるときゃ、やるっちゅうねん!
‘07大阪城杯冬の陣、軽量級優勝
       
         

目指すは優勝のみ
(24回ウェイト制)
 
やっぱり飛んだ!
(24回ウェイト制)
 
ベスト8入賞(24回ウェイト制)
         

ビクトリア空手道選手権大会へ参戦
惜しくも同門谷口に破れ準優勝
主催のジョージ・コロボフ師範と
(’07オーストラリア)
 
どこでも飛ぶよっ!
(’07オーストラリア)
 
試合後メルボルンでハメを外しまくる
お茶目でいたずら好きなのは
父親ゆずり???
(’07オーストラリア)
         

「テメェ、ナメとったらシバくぞ!」
(第23回ウエイト制)
 
するどさ一閃!裕輝のカミソリインロー
(第23回ウエイト制)
 
ベスト8入賞。次こそ絶対トップに!
(第23回ウエイト制)
         

‘04サムライ杯秋の陣軽量級 優勝
 
空中戦も任せてくれぃ!
(‘04サムライ杯秋の陣)

 
只今、絶好調!また優勝いただきだ!
(‘05大阪城杯冬の陣)
         

沖縄の強豪・喜久山との激戦
(第22回ウエイト制)
 
どこでも、とびます!とびます!
(第22回ウエイト制)
 
ウエイト制初出場で4位入賞!
(第22回ウエイト制)
         

岡田師範から入賞の祝福を受ける
(第22回ウエイト制)
 
ちなみに危険物取扱乙種
第4類資格もってます!
 
夢は「北斗神拳、
真の伝承者になること」らしい
  (一度脳波を検査した方が良さそうです)
 


極真会館トップに戻るこのページをプリントする