関西総本部では年5回程度の昇級審査を行っています。このページでは、課題となる基本や型などの技術体系をそれぞれの級別に一覧表としてまとめました。
定期審査会に臨む道場生は、もう一度、自分のグレードにおける必須科目を確認し、本番当日に臨んでください。


※ 胴着・帯のアイコンをクリックすると、それぞれの審査科目
   の詳細ページへ移動します。




 
   ◆ 無級から10級を受験するとき
無級    
     
 ◆10級から9級を受験するとき
 ◆ 9級から8級を受験するとき
10級 9級  
     
 ◆ 8級から7級を受験するとき
 ◆ 7級から6級を受験するとき
8級 7級  
     
 ◆ 6級から5級を受験するとき
 ◆ 5級から4級を受験するとき
6級 5級  
     
 ◆ 4級から3級を受験するとき
 ◆ 3級から2級を受験するとき
4級 3級  
     
 ◆ 2級から1級を受験するとき
 ◆ 1級の茶帯は昇段審査の準備に入ります
2級 1級  
   
 

極真会館トップに戻るこのページをプリントする