みんな、マス大山の弟子だった・・・。
今も交流が絶えない同志、そしてかつて行動を共にした仲間たち。さまざまな時代の流れの中で、さまざまな人生模様が交錯した。しかし真実はひとつ。それは我々全員が大山総裁の弟子であるいうこと。そして誰しもが心の奥に“極真魂”を持つということ・・・。
極真連合設立メンバーと(02年9月30日/福井高橋道場にて)
前列左より、坂本恵義師範、三和純師範、七戸康博師範、田畑繁師範、
後列左より、岡田幸雄、高橋康夫師範、大石代悟師範。
(長谷川、瀬戸、桑島各師範は所用のため欠席)

 
     
津浦信彦師範(左)とは旧関西本部草創期に苦楽を共にした仲。長谷川一幸師範(右)とは昔からなぜかウマが合う   緑健児、現・新極真会代表と。その太陽のような明るさは周囲の人間をも明るくさせた
     
 
     
数見肇、現・数見道場師範と。礼儀正しい好青年だった   全日本王者になった頃の田村師範。厚い胸板が印象的
     
 
     
黒澤浩樹、現・黒澤道場師範と。ウエイト制の打ち上げにて   極真最古参・大先輩の富田先生と
     
 
     
ニュージーランドのペペラル支部長と   オーストラリアのジム・フィリップ支部長と
     
 
     
群馬の松島良一師範。桃太郎侍ばりの伊達男であった   北陸の実力者・福井の高橋師範と
     
 
     
極真オーストラリアの重鎮・エディ・エミン師範と   キックボクシング界でも活躍するオーストラリアのジョージ・コロボス師範と
     
 
     
温厚な人柄で知られるオーストラリアのトレバー・フィールド師範と   中国上海支部のゴン・ハン師範と
     
 
     
かつて第1回世界大会で南アフリカ主将として活躍したバス・バン・ステニス師範と(第23回ウエイト制時、記念品の贈呈)   南アフリカのトニー・バーカー師範と
     
 
     
鉄人・坂本師範と。40歳を過ぎてなお現役であり続けるその姿には、常に頭が下がる思いだという(第38回全日本大会にて)   妖刀村正・大石師範(右端)と(第38回全日本大会にて)
     
     
空手を通していろんな世界の方々と交流が広がる。どの方も、多くが極真空手の理解者であり、熱烈な“キョクシン”ファンでもある。
   
     
鳩山由紀夫代議士と。    
     
交流の輪はスポーツ界にも広がる。同じアスリートとして影響を受けることも多い。
   
     
プロレスラーの日高郁人選手(ゼロワンMAX)と。同選手はオーソドックスなプロレスの他にも、総合格闘技へも参戦する万能選手だ。    

極真会館トップに戻る このページをプリントする