関西総本部 指導員


◆ 生年/出身地 : 1980年/大阪府 
◆ 入門年 : 1986年 
◆ 身長/体重 : 175cm/68kg 
◆ 座右の銘 : 孝を原点とし他を益す 
◆ 目標とする格闘家 : 緑健児 

 

 


6歳から極真の道を歩んできた秀幸。 ジュニアから数多くの実戦舞台を経験し、一種独特の“秀幸スタイル”を作り上げた。それは自分から「攻めるもよし、守るもよし」という全パターン対応型の“臨機応変組手”ともいえるもの。相手の特徴、クセ、攻撃パターンなどを即時に判断し、それに最も合った対処方法を練る。「ガンガン攻めるか」それとも「受けからカウンターを狙うのか」。その方程式の答えを導き出しながら闘う彼の戦法は、ある意味“相手に合わせる組手”と言えるかもしれない。
得意技は変則の上段廻し蹴りとミドル。しかしそれはあくまで相対的比較論に過ぎない。 組手では蹴りに偏ることなく、またパンチに偏ることもない。あくまで敵の攻撃パターンに合わせ、バランスよく攻撃を組み立てるわけだ。しかし相手にとって、これは非常にやりにくい。自分の攻撃パターンは読まれても、秀幸自体の攻撃パターンが読めないからだ。まさに流水の如き不思議な空手と言える。
ところでそんな秀幸のもうひとつの顔は大阪を拠点とするミュージシャン。カラオケでリクエストした曲には、彼が作詞作曲したものもあるという(題名は知らんが)。
入門の動機は「人を守れる男になりたかったから」。空手歴20数年、そこには大きく成長した秀幸がいる。




◆ 主な戦歴
【メジャー/国際】
・第1回極真連合杯 世界空手道選手権大会 出場
・第34回全日本空手道選手権大会 出場
・第19回全日本ウエイト制空手道選手権大会 出場


毎年恒例の鏡開きでも1000本突き
 
国内外問わず各地での大会へ。
(07’富山県大会)
 
愛弟子さん達の成績を称えて
         

極真連合杯第1回世界大会出場
 
打ち合いは望むところ!(世界大会)
 
試合運びは常に冷静(世界大会)
         

空手センスにかけては
一目置かれる存在でもある
 
若手のリーダーとして統率力が期待される
 
カラオケからの「印税」あり
(年数百円!)
 


極真会館トップに戻るこのページをプリントする