関西総本部 道明寺支部長


◆ 生年/出身地 : 1967年/大阪府 
◆ 入門年 : 1993年 
◆ 身長/体重 : 173cm/77kg 
◆ 座右の銘 : 継続は力なり 
◆ 目標とする格闘家 : レイ・セフォー
                (K-1ファイター) 
◆ 過去の格闘技歴 : 
   不動禅少林寺流拳法
   他流派空手
   

 

 


「コラッ、ホリー!」今日も道場に岡田師範の声が響く。マイペースの堀は事あるごとに師範のイジられ役だ。そんな三枚目キャラの彼だが、90年代後半からは関西総本部の中堅選手として活躍。強力な右ローと、左上段ヒザ蹴りのコンビネーションを武器に数々の大会で熱い試合を演じた。まさに“記録”より“記憶”に残る選手の代表と言えるであろう。特に第19回ウエイト制での北島文人との一戦は本人曰く「最も感慨深い」思い出の試合。壮絶に一本負けを喫したものの、そこには悲壮感など一切なし。まさに堀らしさが凝縮した一戦であった。
‘03年、師範の命を受け、ついに道明寺道場を預かる支部長に就任した彼だが、現在は少数精鋭、ゆくゆくは全日本チャンピオンを育てたいと夢を語る。しかし支部長になってもそのキャラは健在、今でも「コラッ、ホリー!」の声が道場に響き渡る。そのときの師範の顔はと言えば・・・、なぜか目が笑っている。。





◆ 主な戦歴
【メジャー/国際】
・第13回全日本ウエイト制空手道選手権大会 出場
・第14回全日本ウエイト制空手道選手権大会 出場
・第15回全日本ウエイト制空手道選手権大会 出場
・第19回全日本ウエイト制空手道選手権大会 重量級 ベスト8
【エリア/ローカル】
・‘95大阪城杯冬の陣 中量級 ベスト8
・‘96大阪城杯夏の陣 中量級 ベスト8
・‘01大阪城杯夏の陣 重量級 準優勝


アントニオ(?)堀

後輩の試合を見守る
 
09’3段昇段審査
         

堀の周囲は笑顔が絶えない
 
まだまだ走れるでぇ!
 
こっちでいい?
         

「コラッー堀、ちゃんと審判やっとるか!」
「オス、寝てました!」

道明寺支部長として生徒の信頼も厚い
 
坂本恵義師範の40人組手に参加
         

“記録”より“記憶”に残る選手だった
 
十人組手達成
 
将来の夢は「全日本チャンプを育てること
         

自称「真面目人間」(らしい)
       
 


極真会館トップに戻るこのページをプリントする