関西総本部 指導員


◆ 生年/出身地 : 1973年・京都府 
◆ 入門年 : 2000年 
◆ 身長/体重 : 168cm/62kg 
◆ 座右の銘 : 日進月歩 
◆ 目標とする格闘家 : 須藤元気(総合格闘家) 
◆ 過去の格闘技歴 : なし
 

 

 


学生時代から興味を持っていた空手の世界。今一歩、勇気がなくて入門に踏み切れなかった羽根の心を後押ししたのは、20台半ばで患った髄膜炎という大病だった。ベッドで横になる毎日・・・。「今、やりたいことをやらなかったら、一生後悔する・・・」。そんなある種の悟りの末に、彼が叩いたのが極真会館の門であった。
旧総本部道場時代、水曜日の稽古(担当:山本師範代)に参加しては、必ず便所で吐いていたという羽根。この男のしぶとさは、その時代に培われた「耐える心」・「折れない精神」によるところが大きい。
小粒ながらも、相手に喰らいつくピラニア戦法、そして得意のインローからの左右への揺さぶり、そんな地味ながらも効果的な基本戦略が、彼の組手の身上とも言える。まだ大会では無冠の男だが、その空手に対する真摯な姿勢ゆえ、「いつか初タイトル!」という期待も大きい。

【エリア/ローカル】
・‘07 大阪城杯夏の陣 軽量級 出場





寒稽古・京都清滝にて
 
宴会部長(松本先輩)の一番子分の羽根。
色んな事をやらされるのが
クセになってきたかも。
   
         

昇段審査前の緊張した面持ち
 
渾身の力で攻める
 
十人組手無事終了
         

黒帯取得後の初参戦!
 
睨みを利かす羽根
   
         

得意のインローは要注意
 
軽量級にもかかわらず意外に重いミドル
 
拳立て(一日最低100回)で鍛えた
刺すようなパンチ
         
 

極真会館トップに戻るこのページをプリントする